みそしる徒然ヲタク史

ジャニーズだったりハイドだったりラルクだったり

2016年3月31日のうちに語りたいこと

むかーしむかし、仁ちゃんの前髪がカーテンだった頃に仁ちゃんにハマって
KAT-TUNが結成されてから聖にもハマって
それから上田、中丸と好きになって(田口は当時、ビジュアルもキャラもタイプじゃなかった)
赤西が抜けてからJJ好きを自覚して、シンメをなくして聖とシンメになった田口に好意が湧いて
聖が抜けた頃には全員を好きなって(亀梨寄りだけど。)
この4人が支えになってた。
気付けば、全員の痛みのない日々とか幸せを願って、それもまた支えで

田口がいなくなっても何ともないなんてことはない。あの発表から本当に複雑。自分の感情がわからなかった。

万が一KAT-TUNがもしなくなったら、どう生きていけばいいのかわからなかった。

だけど、充電期間があるとはいえKAT-TUNの解散はなく、田口も最後の最後までみんなから愛されて


だったら、結論はひとつ
KAT-TUNはこれからも支えであり、微力だけど支えたい。
田口も、仁ちゃんも聖も、そのまた大切な人たちにも幸せになってほしい。

KAT-TUNにいて欲しいとは思う、けどそれは私の欲で
田口が選んだ道なら応援したい。

KAT-TUNだろうがKAT-TUNから抜けようがジャニーズを抜けようが、みんな好きだ。私のエゴを押し付けたくない。

どうか、どうか幸せになってほしい。