みそしる徒然ヲタク史

ジャニーズだったりハイドだったりラルクだったり

田口脱退と退所発表から一日

一日おいて、くるくる考えて、でもわたしの脳では分からなかった。自分の気持ちもわからなかった。

そんな今日は仕事のことをぐるぐる考えてた
ら、
田口のこと、一言も責めれないし、悲しめないことに気付いた。


わたし今仕事辞めたいのね。それを先輩にポロッと言ってみたらものすごく止められた。否定された。
残された従業員の負担
わたしに会いに来てると言ってくれてるお客様の気持ち
地元や関係者の方からの目

でも、やっぱりしたい仕事があるし、何よりも、この会社のやり方にはもうついて行けない。自分を殺してもついていけなかった。

田口はさ、わたしの何倍何千倍、こういう枷があったの?
残されるメンバーの今後
今まで応援してて田口が生き甲斐なファンの気持ち
関係者スタッフ番組各位の迷惑
わたしとは比べ物にならない

わたしは、選択肢がなかったのもあるけど、笑えるようになってもらうための仕事だった。だけど、それに対する会社のやり方についていけないんだ。
田口だって、半端な熱量じゃ10年以上ジャニーズにいられないと思うんだ。ぱっとしない、知名度低い時期だって頑張ってくれたんだ。だけど、KAT-TUNである前に田口は田口だ。


会社とお客様に迷惑がかかるから、
それだけで人生この仕事に捧げたくない。スタッフである前にここはわたしの人生なんだよ。なんで我慢の上で他人笑わせなきゃいけないんだよ。

なんで田口は、ファンが悲しむから、残り3人のことを考えて、今まで続けたんだから、
なんでそれだけで田口の人生をわたしらが決めれるんだよ。なんで口出しできるんだよ。なんで文句非難言えるんだよ。

自分の人生で大きな決断をしたんだ。どっちを選んでも田口の中に残り続けたと思う。馬鹿じゃないんだから、混乱くらいわかってたと思う。これから春までの空気も考えてたと思う。それでも真剣に考えて、だから、あんなにキリッとした顔でベスアを迎えれたんだと思う。真剣に考えて、覚悟を決めた決断なんだ。しかも生の全国放送で発表。怖かったんじゃないかな。本当は亀梨くらい震えててもおかしくないんじゃないかな。

メンバーも会場も、その後のファンや芸能界隈も葬式状態で、それでも前を見てる田口には、『頑張ってね』しか言えない。少なくともわたしには、田口を責めることはできないし、田口が抜けるのを悲しむこともできない。


色んな意見があるだろうし、田口担の方なんかわたしが想像し得ないくらい複雑だと思うけど。
上に書いた田口の気持ちは想像でしかないけど、今までの田口が嘘だと思いたくない。
田口には田口の考えがあったんだ。田口の人生は田口のもんだよ。

春まで、またよろしくね。キツイとは思うけど、どうか全力でKAT-TUNでいてほしい。

それからは、田口の歩みたい道を歩んでほしい。芸能界から離れたいならそれでいい。何かしら活動したいならそれでもいい。
わたしが好きになったKAT-TUNの、大事なメンバーだ。今まで、わたしの大好きなKAT-TUNのために人生かけてくれたんだ。

だからどうか、田口が後悔のない人生を送れますように。


欲を言えば、表に出さなくていいから、KAT-TUNのメンバーとは絶縁なんてなりませんように。よく考えれば、解散と同じくらい悲しいよ。人生の半分一緒に頑張った人間と、抜けたからもう関わらないなんてなりませんように。

所謂"全方向懐古"でもなくて

ラルクの夢洲10万人動員ライブが発表されまして
KAT-TUNのファンミーティングを控えて
ABCのLツアー追加公演が発表されまして
ジャニヲタ界隈がチュムチュムNEWSされてる中


よく分からない全方向半端懐古と亀梨超絶dr期を発症して自分でもとても混乱してるので書き留めねば。

とりあえず亀梨は置いといて。



《おみその半端懐古なう箇条書き》
KAT-TUN:喜びの歌(2007周辺)
KAT-TUNの中で(恐らく)唯一CDを買っても借りてもいないシングル曲。担当候補にもライク(懐かしい)にも挙がったことがない田中さんが頭から離れない。好きというかただただ懐かしい……こきたんの田口蹴り懐かしい……田中アア……OXYィィ……

好きなんだけど謎にファン人気のないユニット曲。ファンの方は分かるだろうけど懐古というには古くもない。

✻V6:Darling(2003)
なんかひたすらPVが脳内リピート

✻L'Arc~en~Ciel:1993~95
所謂"ラルク初期"。ただ、懐古対象は当時のドラムさん中心。ここだけやっと懐古っぽい。

VAMPS:2006
正確には『HYDE』の頃。ややこしいからVAMPS表記。ラルク初期懐古してるくせに時間軸謎。✱ただ、ここに理由があるのでまた触れさせて。

HYDE:MoonChild(2003)
さっきラルクと別にハイド出てきたやーーーーん。これはこれ。

janne da arc:ヴァンパイア(2003)
2007年1月に休止を発表してるのでそもそも懐古らしい。RED ZORN(1999)をやっと抜け出したわたしからしたら所謂新規曲なんだけど。


ざっくりこのくらい。その他とか言い出したらキリがないからやめた。



まずね、いきなり懐古しだした理由を経緯から聞いて。上のVAMPS2006のことなんだけど。

2006年に何があったか。
VAMPSの夏ツアー近隣都市公演と関ジャニ∞(以下関∞)47都道府県ツアー地元公演がモロに被ったの。
悩みに悩んで、関∞をとったの。
そして事件は起きた。
帰り道に、確かに近くは通ったよ?VAMPSの公演日なのは分かってたよ?でもね、出待ちもしてないのに一晩で2回車に乗ったハイドを見たことはこの時が最初で最後だったよ。



で、今日たまたまその道を通ったの。

当時VAMPSを諦めた分、こみ上げる興奮。


で、2006のVAMPS熱が沸騰して。

ついでに夜オープンカーがずっと前にいたせいでMoonChildまでついてきて。(✱見たら意味がわかる。)

ついでに色々ついてきた。



経緯も何もないやーーーーん。いつものこと。





ちな、唐突に襲ってきた亀梨dr期は経緯もきっかけもないです。まじで唐突。そら置いとく。



殴り書いて満足したから特に〆めずに終わる。

アンチがうちわにキスするまで

まず初めに、

亀梨担の方は気分を害す恐れがあります。閲覧は自己責任でおねがいします。

 

 

亀梨アンチがうちわにキスするまで

 

既に意味が分からないですが暇を潰してもいいよって方はご覧下さい

 

 

 

 

 

 

 

2015年も半ばに近づき、デビュー10周年を控えたファンミ前に、残しておこうと。

 

 

最初の発見は金八でした。母親が好きだったのでいつものように見てたら、なんとも言えない顔の生徒深川明彦を見つけたのが亀梨の入り口。でもこれ99~00なんですねわたしもう小学生。なので、既にジャニヲタだったはず(但しキンキと三馬鹿推し)。

学校ではSMAPも人気だったので、多分亀梨を見たことはあったんだと思う。ただ認識したのは、深川くんから。

 

 

その後、中学に上がる頃には完全に某巨大掲示板の住人でした。

そもそも雑食系ジャニヲタだったので色んな板にいたんだけど、それによって色んな噂を目にしだす頃でもあったのね。同時に亀梨の名前とか顔とかも色んな所で見るようになっていくわけだけど。

 

そんな当時、私の中で亀梨のイメージは確立されてて

「関東のチャラいかっこつけヤリチン」

「目つきが悪い」

「(三馬鹿大好きだったから)露出多いこいつ邪魔」

最後ただの流れ弾やな。こんな感じで自然にアンチ化。

結成して知名度上がって、この頃ネットで叩かれだして、特に好きでもなかったからそれに乗っかった感じ。

 

そもそも小学生のときからドル誌5冊とも買ってたから、KAT-TUN結成したことで自ずと顔は入ってくるでしょ?

特に私は赤西を見た瞬間に

「天使、!!!!!!」ってなったような人種だからKAT-TUNのページ自体は見てたのよね。

 

赤西は私的に、典型的な「顔とキャラが好きな芸能人」だったのね。

その反動(?)もあってか、亀梨には更に

●赤西と写り過ぎうざい

●女に不自由してなさそうすぎるうざい

●顔がうざい

●声がうざい

●歌い方話し方気持ち悪い

●何そのキャラ?イラッ

●何その格好?イラッ

ってどんどんなって、完全なアンチ亀梨だった中学時代。

 

 

ちなみに。ごくせんは、赤西と小池徹平目当てで見てたよ。周囲の"亀ちゃん亀ちゃん"ムードが気持ち悪くて(ごめんなさい)更にアンチを拗らせる反面、赤西上田田中は好きっていう複雑な時を送りました。

 

 

高校時代。

ずっと貶してたhydeや光一さんに寝返り、ずっと担当だった横山さんにイライラしだし、騒ぎまくってた錦戸を貶しだすっていう声変わりみたいな(?)時期。

 

 

亀梨もずっと貶してたらだんだん楽しくなってきて、「愛のない貶し愛」とか言い出した超迷走期。

当時はKAT-TUN関ジャニもFCが一緒だったからどっちも会報が届くわけで。

貶すためとはいえ、亀梨の顔を見慣れすぎて声は聞き慣れすぎて噂は大量過ぎて(この頃の亀梨中傷えげつなかった)、謎の安心感があったのね。日常は色々あるけど、亀梨を貶すことで癒やされてた。本気で謎だけど。

 

 

高校も出て成人した頃、

担当は無事別麺に落ち着いて、錦戸や横山さんの扱いも落とし所が見つかって、よくわからん余裕が生まれてきて。亀梨のポジションも"謎の安心感"に落ち着いて。

 

更に少しして、それまで自分の中で精神的にも経済的にもかなりの容量を取ってた関ジャニへの興味が薄れてきてたのね。

 

これによって「何にも占拠されてない容量」が発生するでしょ?じゃあ次点にいたKAT-TUNが入って。でもこの頃には赤西がもういなくて。残りの誰に目が行こうって、他はトントンだったのね。みんなイケメンみんな可愛いでも担当とまではアレだからまあそこそこ応援しとくかーくらい。

亀梨を除いて。

 

 

その後聖もいなくなることでさらに比重が傾いて

 

気付いたら、KAT-TUNではあまり買ってなかったグッズを買い漁り、DVDに手を出し

 

 

この頃には亀梨には一切嫌悪感はなくて、ただ若干の悔しさから箱推しって言ってたんだけど、

Going!が自由に見れる環境にいたことでさらに膨らむ謎の亀梨安心感。

入りもしないのに近所だったからってグランキューブ行ってツアバス見ては亀梨の㎜単位での貶しどころを探してキャッキャキュンキュンしてた

 

 

 

 

 

赤西は前述の通り、「顔とキャラが好きな芸能人」だったんだけど、

だからって亀梨の顔やキャラが嫌いとは言ってないの。

約8年でクソアンチから寝返ったよ。

手のひら返していい?

 

 

こめたん、宇宙一ドストライクのドタイプなんだ。ガチのやつ。語彙力なさすぎて濁すけど、ガチのドストライク。

 

 

そもそも、あまりにど真ん中な人にはまずイチャモンのつけどころを探す傾向があったのね。しかもそれ、小学校低学年で既に発揮してんのね…

 

 

深川くん入り口からの、ネットのアンチ板でズブズブ落ちていったらすぃ。

 

 

2013年末前、

私の部屋は亀梨のポスターと切り抜きとうちわに埋め尽くされてて、帰ったら枕横のうちわにキスして毛穴や産毛をいじるのが日課になってたよ気付くの遅いね!

 

 

 

ちな。

亀梨はずっと貶してたけど、KAT-TUNに興味がないとか嫌いだったとかではなくてむしろ特に曲に関しては大好きだったし、結成時に赤西に「天使!!!!!!」ってなってからライブ(神様もサマリも行ったよ)ドリボとか行ってたから、そのへんでの劇的な落ちはなかったの。

 

 

見つけた瞬間全てがドツボすぎて頭にきて、とにかく「黙れ!!!!!!!」的にいじりたかっただけなのよね。

 

 

そんなわけで、アンチ板出の箱推しみそしるを今後とも宜しくおねがいします。

 

とりあえず今月中にFC入り直して好きなタレント欄(まだある?)に亀梨和也って書いてくるね!!担当はまだもうちょっとだけ考えさせて